「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」展が9月16日(土)から開催|TAG HEUER

TAG HEUER|タグホイヤースーパーコピー
パリ、ジュネーブ、ミュンヘンなど世界10都市で同時開催。
本社ミュージアムの貴重なヒストリカルピースを披露

タグ・ホイヤーによる「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」展が世界10都市で同時開催される。東京では「モーターレーシング&歴史を重ねたデザイン」をテーマに、9月16日(土)から10月9日(祝)まで直営ブティック「エスパス タグ・ホイヤー表参道」で開催される予定だ。

東京では「モーターレーシング&歴史を重ねたデザイン」がテーマ

1860年に創業し、150年以上にわたってタイムピースを世に送り出してきたタグ・ホイヤー。今回、初めての試みとして、パリやジュネーブ、ミュンヘンなど世界10都市で同時に「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」展を開催。それぞれの都市ごとにテーマを設け、歴史を彩ったユニークなヴィンテージ・ウォッチがスイス・ラ・ショー・ド・フォンにあるタグ・ホイヤー本社ミュージアムから旅立つという。

東京・表参道では、「モーターレーシング&歴史を重ねたデザイン」をテーマに、タグ・ホイヤー本社ミュージアム、そして東京在住のホイヤー・コレクターが所蔵するアイテム50点以上がずらり。

なかでも1911年に発表された世界初の自動車・航空機両用ダッシュボードクロノグラフ「タイム・オブ・トリップ」は日本の初展示となるほか、1916年に特許を取得した世界初の1/100秒計測ストップウォッチ「マイクロノグラフ」など貴重な時計も登場する。そして1960年代の「カレラ」や「オウタヴィア」、「モナコ」など人気コレクションのヒストリカルピースも並ぶ予定。

会場では、現在もブランド・アンバサダーであるアイルトン・セナの愛用した「セル」、映画『栄光のル・マン』(1971年)でスティーブ・マックイーンが着用した「モナコ」も展示。「テンポラーダ」や「モントリオール」「モンツァ」「シルバーストーン」など、モーターレーシングにゆかりのある腕時計やコレクションも用意される。

タイムを争うモータースポーツに縁の深いタグ・ホイヤーの時計たち。歴史あるタイムピースたちは、その当時の色褪せない輝きを今に伝えてくれる。

タグホイヤースーパーコピー専門店、各種スーパーコピーTAG Heuer時計N級品の 販売・買取、世界高級タグホイヤー カレラ・アクアレーサー・リンク・モナコ・フォーミュラー 1等新作スーパーブランドコピー通販.【品質保証、送料無料】